• 台湾調査事例
  • 台湾調査事例
台北での台湾妻の素行調査

台北での台湾妻の素行調査

台北での台湾妻の素行調査
「妻が他の男と一緒にいるという目撃証言があった。真相を解明して欲しい」というご依頼をされたのは、台北在住の40代の男性からでした。3年前に駐在員として台北に派遣され、そのまま現地で出会った女性と結婚。円満な夫婦生活を送っていたにも関わらず、近年妻の行動に不可解な点が多かったとの事で、今回調査をご依頼されました。このように、台湾現地から調査依頼をされるというケースも、近年は増えています。

台北で妻の尾行

台北で妻の尾行
ご依頼者様は日中働いている為、専業主婦のこの妻を、日中張り込むことにしました。台北中心から少し離れた、士林・天母地区に住むこの夫婦は、このエリアのマンションに住んでいます。ある日中の事でした。昼間にも関わらずばっちりと化粧をし、車に乗った妻。向かった先は、郊外の新北エリアでした。郊外の国道沿いのあるショッピングセンターの前に車を停めると、数分後、男が車に乗り込んで来ました。そのまま、2人は身を隠すようにホテルに消えていきました。これら一部始終を追跡し、動画や画像の撮影に成功しました。後日、これらの情況証拠をご依頼者様に提出しました。優しく、気立ても良く、いつも献身的に接してくれる妻がまさかの浮気とは思ってもみなかったようで、ショックで言葉を失っておられました。

言葉の壁が、国際結婚破綻の要因?

言葉の壁が、国際結婚破綻の要因?
「言葉は曖昧でも、愛でその壁を乗り越える」という夫婦ももちろんいらっしゃいますが、やはり言葉は大切なコミュニケーションツールです。今回は旦那様がある程度の中国語が喋れる為、夫婦のコミュニケーションは殆ど中国語だったようですが、それでもやはりネイティブな台湾人の発音とは全く違います。意思の疎通が細部まで伝わらない事もお互い多かったようで、苛立ちを生んでしまうこともあったようです。このような例は国際結婚の夫婦間に出来る水の中でも多い例で、不満を他の異性に相談しているうちに一線を超えてしまうような事は良くあります。

無料通話 メールでのお問い合わせ

  • 無料通話 メールでのお問い合わせ

企業調査・コンサルティングサイト 外部リンク

  • 企業調査・コンサルティングサイト 外部リンク