• 台湾調査事例
  • 台湾調査事例
台湾留学生の台湾所在調査

台湾留学生の台湾所在調査

台湾留学生の台湾所在調査
「台湾に留学している息子と連絡が取れなくなってしまっている、調査をして欲しい」というご依頼を、ご両親より頂きました。3年前、現地の大学に留学し、現在3年生の息子の所在がわからなくなっているとの事です。家にも連絡は無く、学校にも姿を見せていないとの事。あらゆるケースを想定し、当社スタッフは現地に飛びました。

台湾現地で留学生の所在調査

台湾現地で留学生の所在調査
まずは、この留学生が暮らしているとされる台北で、交友関係、近所、バイト先などを徹底的に洗い、聞き込み調査を行いました。しかし、有力な手掛かりは得られません。自宅にも長い間帰っていないようでした。その為、当社は高尾、台中、台南と台湾全土の当社と提携業務を行っている現地の調査機関にも応援を要請しました。数日後、台南の調査機関から連絡がありました。「調査対象者と似たようなタイプの男性の目撃証言が幾つかある」との事。スタッフは台湾南部の都市、台南に向かいました。

台湾現地で留学生を発見

台湾現地で留学生を発見
目撃情報を頼りに現地で調査を進めた結果、遂にこの留学生の足取りを掴むことが出来ました。台南にある海沿いの街のアパートで、現地の男性と複数人で生活をしているとの事。実際にその家の近くで張り込み調査を行い、ようやく本人を見つけることが出来ました。後日、この事実をご両親に報告。「最悪な事態になっていなかったので良かった、消息を掴めたことに本当に感謝しています」と涙ながらにお言葉を頂きました。それにしても、なぜこの留学生は全ての消息を絶ち、台南という街に居たのでしょうか。

海外で行方不明になるケースの一例

海外で行方不明になるケースの一例
実は、台湾をはじめ東南アジア全域で、今回のような失踪の事例は良くあることです。その最大の理由は、”異国と気候”です。「勉強、仕事、将来」と、常にプレッシャーを与えられる日本は、1年の半分は寒い季節。生活のプレッシャーに加え、四季に備えた生き方をしなければなりません。しかし、そういったプレッシャーからも解放され、気温は1年中温暖、物価も安く、そんな環境が心地良すぎて無気力になってしまう人も多いのです。現代社会が生み出した、ニュースなどでもあまりピックアップされない海外で暮らす日本人の近年の諸問題です。

LINE無料通話・無料相談

  • LINE無料通話・無料相談

無料通話 メールでのお問い合わせ

  • 無料通話 メールでのお問い合わせ