• 台湾調査の特徴
  • 台湾調査の特徴
個人調査では漢字名前が必要

対象の名前は漢字が必要

対象の名前は漢字が必要
台湾人や台湾企業の調査を行う際、ターゲットの漢字氏名は必要不可欠です。ただ注意してほしいところは、日本の漢字で控えず、中文の漢字で対象者の名前を控えてほしいというところです。日本の漢字と中文の漢字では読みが異なるケースもあり、少しでも漢字が異なると、全く違った人物を調査してしまう可能性もあります。名前から真相を割り出すケースは多いため、ご相談に来られる際は、ターゲットの名前が確実に正確なものかどうか十分にご確認をお願いします。

ご依頼の際は必ずご確認をお願いします

ご依頼の際は必ずご確認をお願いします
台湾人の漢字、名前は、日本人が普段使わないような漢字が使われているケースも多いです。また、日本にない漢字も多いです。例えば、「斎」と「齊」の苗字の違いなどは、よく間違われる名前です。また、劉(リウ)や蔡(ツァイ)、楊(ヤン)などは台湾によくある名前ですが、普段使わない漢字なので、文字間違いが無いようお控えください。また、単語の意味合いも異なります。たとえば「愛人」という言葉は、日本では浮気や不倫相手という意味合いでとられますが、台湾では夫や妻のことを意味します。解釈違いにもご注意ください。

LINE無料相談・無料通話

  • LINE無料相談・無料通話

お問い合わせ・ご相談はこちらへ

  • お問い合わせ・ご相談はこちらへ