• 台湾 豆知識
  • 台湾 豆知識
在日 台湾人事情

日本に住む台湾人

日本に住む台湾人
現在日本には40000人以上の在日台湾人が存在しています。太平洋戦争前日本に統治されていた影響で、日本に移り、2世、3世となっている人達も数多く存在します。韓国人の「コリアンタウン」のように、街そのものが大規模な台湾人街というものはありませんが、両国間の人の往来は増加の一途を辿っており、ネット上では在日台湾人のコミュニティSNSサイトなども数多く存在します。今後も在日台湾人は増えていくものとみています。

日本に独立国家として認証されていない台湾

日本に独立国家として認証されていない台湾
外国人登録証を携帯する際、カードには母国が記載されるのが当然ですが、台湾の場合、日本で外国人登録をすると「中国」と記載されてしまいます。これは、日本が台湾を世界の中の独立国家として承認していない為です。欧米諸国、台湾と国交の無い国でさえ、ビザ発行時や国際的な手続きを行った場合、国籍を「台湾」とする国は多いにも関わらず、日本には承認されないという事実に、不満を感じる台湾人も多い現状です。

不満の理由は数多くありますが、一般的にイメージの良くない在日中国人と区別がなされない事です。近年、日中間の外交上の問題は一層切迫したものとなり、国内でも中国人による犯罪が後を絶ちません。全く罪の意識を持たずに犯行を繰り返す中国人の一部の素行に対し、「過去の日本が中国に対して行った事に対する復讐」と目を閉じられてしまうような面もあります。

台湾人から日本への不満

台湾人から日本への不満
このような現状から「政府は、強きものからの圧力は黙認し、我々のような弱い国に対しては、国籍さえも認めないのか」といった不満は相次いでいるようです。事実、当社でさえも台湾人の調査を行う際、外国人登録が全て「中国」で統一されている為、調査を行う段階から非常に紛らわしく、困惑することもあります。

「親日国、親日家の多い国」と、世界の中で位置付けられている数少ない国家が台湾です。東日本大震災では世界で一番義援金を募ってくれた台湾人に対するケアは、やはり薄さを感じてしまう点が否めません。

無料通話 メールでのお問い合わせ

  • 無料通話 メールでのお問い合わせ