• 台湾 豆知識
  • 台湾 豆知識
親切な台湾人

親切な台湾人

親切な台湾人
東日本大震災の義援金として200億円以上もの多額の義援金を募ってくれた台湾。「親日家」として知られていますが、台湾人は性格そのものが大変親切です。「困っている人が居れば、助けてあげる」という事は、道徳概念として当然の事かも知れませんが、時間、お金、そして心。あらゆる面で余裕が無くなってしまっている現代人は、なかなかそれを行動に移すことが出来ずにいます。台湾に長期滞在し、この国で調査を行うと、現地の人々の暖かさに触れる面も多々あります。人と人がコミュニケーションしていく中で「親切」に接することは大切なことと改めて感じさせられます。

台湾人の親切さがわかる一例

台湾人の親切さがわかる一例
例えば、日本であれば商店のお店の人に道を尋ねるのも、迷惑ではないかと躊躇ってしまうものです。しかし、台湾人の場合、「待っていた」と言わんばかりに丁寧な道案内をしてくれます。地図を書くだけでなく、途中まで着いて来てくれたり、言葉が通じなければタクシーを呼んで、中国語で説明し、辿り着くよう指図してくれたりと、親切三昧。特に、台湾が初めてで右も左もわからないような人に対しては、そういった人達の心境を素早く汲み取り、自分の仕事があるにも関わらず、親身になって対応してくれます。もちろん全ての人がそうである訳ではありませんが、圧倒的に親切な人の割合が多いことが確かです。当社スタッフのこれまでの調査も、今まで何度も台湾人の優しさに助けられています。

過去の事をあまり気にしない性格?

過去の事をあまり気にしない性格?
台湾以外にも、日本が統治していた国家は幾つか存在します。しかし、未だに根強い反日感情を持ち、学校教育で反日を学ばせられる国もあります。同じ植民地だったのに、どうして人々の性格がここまで異なるのか。もちろん、その長い歴史の中でそれぞれの植民地に対し日本が行ってきたことは異なる訳ですから、それぞれの植民地下の国民が日本に抱く感情だって人それぞれです。ただ、非常にフランクで、「過去は過去、今は今」と前向きに生きる人達が、この国には非常に多い。そんな風に感じます。

LINE無料相談・無料通話

  • LINE無料相談・無料通話

お電話でのご相談・メールでのお問い合わせはこちら

  • お電話でのご相談・メールでのお問い合わせはこちら