• 台湾 豆知識
  • 台湾 豆知識
台湾 タクシー事情

台湾のタクシー事情

台湾のタクシー事情
「計程車」、または「出祖汽車」と言われる台湾のタクシー。台湾観光をするのであれば、タクシーを利用することも多いと思います。この国のタクシーは、一般的には運賃が安く、良心的で、という口コミも多く、当社もターゲットを追跡する際頻繁に利用します。そんな台湾タクシーの日本とは異なる点を幾つかピックアップします。

台湾タクシー、運賃について

台湾タクシーの初乗り料金は、70元(210円)ほど。台北市内であれば、長時間乗ったとしても200元以内で留められます。非常に良心的な価格ですが、おつりが発生した際、小銭を払わないドライバーは多いです。数十円程度なので、チップとして考えても良いと思いますが、気になる方は小銭を予め用意し、きっちりと支払いをする方が無難です。

台湾タクシーとのコミュニケーション

タクシーに乗る際は、日本同様、道で手を挙げて止めます。基本的に、日本語や英語を話すドライバーは少ないと思ったほうが良いでしょう。中国語が出来ない方は、メモとペンを携帯し、予めガイドブックやネットで調べた行き先を書いて見せるというコミュニケーションが一番無難です。ホテルのボーイ経由で行き先を伝えて貰うのも手です。また、東南アジアに多い外国人相手のぼったくりタクシー、わざと遠回りをするタクシーなどもほぼ存在しません。ただ、交通事故発生率が日本の3倍とも言われる国なので、荒っぽい運転をするタクシーも非常に多く、短時間の乗車でも酔ってしまうという話も聞きます。

女性の夜の台湾タクシー利用は控えるべき?

女性の夜の台湾タクシー利用は控えるべき?
観光で台湾を訪れているのに、周囲に警戒ばかりしてしまうのは面白く無いかも知れませんが、台湾ではタクシー運転手が女性を強姦したなどという事例が多い国でもあります。タクシー運転手の3割近くは前科持ちと言われているのが理由です。どこの国でも言える事でしょうが、出来れば夜中の女性一人での乗車は控えた方が良いかも知れません。

LINE無料通話・無料相談

  • LINE無料通話・無料相談

お電話でのご相談・メールでのお問い合わせはこちら

  • お電話でのご相談・メールでのお問い合わせはこちら