UPDATE: 2018-07-21 23:52:29

JPY
JPY
TWD
TWD

0.27438

UPDATE: 2018-07-21 23:04:07

TWD
TWD
JPY
JPY

3.64452

台湾探偵事務所|バイク事情

  • 問い合わせ
  • 調査知識

とにかくバイクが多い台湾

台湾は非常にバイクの量が多い国です。
あまりのバイクの多さに驚かれる観光客も少なくないと聞きます。日本人にとって自転車の感覚でバイクに乗るので、洪水のように街はバイクで溢れています。

特にスクーターは多く、赤信号で待つバイクはマラソンのスタート前のようです。台湾は基本右側通行ですが、車を運転していると、右から左から隙間を縫うようにバイクが走ってきます。

もちろんこんな道路状況なので交通事故率が高いことは言うまでもありません。その事故発生率は日本の3倍とも言われており、道路交通法における見直し要請の声も頻繁に上がっています。

とにかくバイクが多い台湾

台湾の交通ルール

近年は台北市こそ交通ルールは整えられてきたものの、郊外の街では交通ルールは存在していないようなものです。通行人が居なければ信号が赤でも平気で通り、ウインカーやハザードを出さないバイクも多いです。

左折をする場合、基本的二段階左折ですが、守っている人の方が圧倒的に少ないです。

飲酒運転をすれば免停や免許取り消しなど厳しい法令はあるようですが、取り締まりや規制は日本と比較しても相当甘いのが現状です。日本の交通ルールがいかに安全か、台湾に来るとよくわかります。

台湾の交通ルール

台湾でバイクの運転

現在台湾では日本の運転免許証も通用するようになっており、手続きを踏めば、日本の免許保持者は台湾でも運転が可能です。

レンタルバイクを行っている店舗もあり、500元ほどで1日バイクを借りることが出来ます。
当社スタッフもターゲットの追跡を行う際バイクを利用することは頻繁にありますが、上述したように、日本の交通事情に慣れてしまっていると、台湾での運転に恐怖を感じるシーンはこれまでも多々ありました。

観光のみで台湾を訪れるのであれば、レンタルバイクは絶対お勧めしません。長期滞在の駐在員で、やむを得ずバイクを利用しなければならない方も、「日本とは違う」という感覚で十分に気を引き締め運転してほしいものです。

  • 浮気調査
  • 人探し・行方調査
  • 台湾コンサルティング
  • 中国語トラストジャパン
  • LINE相談
  • 海外の調査
  • 各国紹介サイト LPサイト
sns

無料通話アプリで相談!
ID:tanteisoudan